カテゴリー

2017年3月22日水曜日

ディランを愛でる:Hurricane

前回訳詞をした『ハッティ・キャロルの哀れな死』を紹介した以上、今回の『ハリケーン』は絶対に外せません。この曲も『ハッティ・キャロルの哀れな死同様、事実を基にボブディランが作詞作曲をした有名な曲で、私がディランに一気にハマった記念碑的な曲です。


Hurricane

Pistols shots ring out in the barroom night
Enter Patty Valentine from the upper hall
She sees the bartender in a pool of blood
Cries out "My God they killed them all"
Here comes the story of the Hurricane
The man the authorities came to blame
For something that he never done
Put him in a prison cell but one time he could-a been
The champion of the world.

Three bodies lying there does Patty see
And another man named Bello moving around mysteriously
"I didn't do it" he says and he throws up his hands
"I was only robbing the register I hope you understand
I saw them leaving" he says and he stops
"One of us had better call up the cops"
And so Patty calls the cops
And they arrive on the scene with their red lights flashing
In the hot New Jersey night.

Meanwhile far away in another part of town
Rubin Carter and a couple of friends are driving around
Number one contender for the middleweight crown
Had no idea what kinda shit was about to go down
When a cop pulled him over to the side of the road
Just like the time before and the time before that
In Patterson that's just the way things go
If you're black you might as well not shown up on the street
'Less you wanna draw the heat.

Alfred Bello had a partner and he had a rap for the corps
Him and Arthur Dexter Bradley were just out prowling around
He said "I saw two men running out they looked like middleweights
They jumped into a white car with out-of-state plates"
And Miss Patty Valentine just nodded her head
Cop said "Wait a minute boys this one's not dead"
So they took him to the infirmary
And though this man could hardly see
They told him that he could identify the guilty men.

Four in the morning and they haul Rubin in
Take him to the hospital and they bring him upstairs
The wounded man looks up through his one dying eye
Says "Wha'd you bring him in here for ? He ain't the guy !"
Yes here comes the story of the Hurricane
The man the authorities came to blame
For something that he never done
Put in a prison cell but one time he could-a been
The champion of the world.

Four months later the ghettos are in flame
Rubin's in South America fighting for his name
While Arthur Dexter Bradley's still in the robbery game
And the cops are putting the screws to him looking for somebody to blame
"Remember that murder that happened in a bar ?"
"Remember you said you saw the getaway car?"
"You think you'd like to play ball with the law ?"
"Think it might-a been that fighter you saw running that night ?"
"Don't forget that you are white".

Arthur Dexter Bradley said "I'm really not sure"
Cops said "A boy like you could use a break
We got you for the motel job and we're talking to your friend Bello
Now you don't wanta have to go back to jail be a nice fellow
You'll be doing society a favor
That sonofabitch is brave and getting braver
We want to put his ass in stir
We want to pin this triple murder on him
He ain't no Gentleman Jim".

Rubin could take a man out with just one punch
But he never did like to talk about it all that much
It's my work he'd say and I do it for pay
And when it's over I'd just as soon go on my way
Up to some paradise
Where the trout streams flow and the air is nice
And ride a horse along a trail
But then they took him to the jailhouse
Where they try to turn a man into a mouse.

All of Rubin's cards were marked in advance
The trial was a pig-circus he never had a chance
The judge made Rubin's witnesses drunkards from the slums
To the white folks who watched he was a revolutionary bum
And to the black folks he was just a crazy nigger
No one doubted that he pulled the trigger
And though they could not produce the gun
The DA said he was the one who did the deed
And the all-white jury agreed.

Rubin Carter was falsely tried
The crime was murder 'one' guess who testified
Bello and Bradley and they both baldly lied
And the newspapers they all went along for the ride
How can the life of such a man
Be in the palm of some fool's hand ?
To see him obviously framed
Couldn't help but make me feel ashamed to live in a land
Where justice is a game.

Now all the criminals in their coats and their ties
Are free to drink martinis and watch the sun rise
While Rubin sits like Buddha in a ten-foot cell
An innocent man in a living hell
That's the story of the Hurricane
But it won't be over till they clear his name
And give him back the time he's done
Put him in a prison cell but one time he could-a been
The champion of the world. 



ハリケーン
 
夜の帳が下りたバーの一室で銃声が鳴り響き
上の階のパティ・ヴァレンタインが下りてきて
銃声がした店に入り
血の海に横たわるバーテンダーを見て叫んだ
「誰か来て!みんな殺されているわ!」

これはハリケーンの物語
権力によって濡れ衣を着せられた男の話
何も悪いことをしたわけでもないのに
今は独房の中
いずれ世界チャンピオンにもなれたはずの男


パティは死体が三体あることを確認した
そこにベロウという男が怪しげにうろついていて
両手を挙げこう叫んだ
「殺したのは俺じゃない!」
「俺はレジスターから金をくすめとっただけなんだ!
わかってくれよ!」
「俺はこの目で犯人が逃げるところを見たんだ」
「とりあえずサツを呼んだ方がいい」
そこでパティは警察を呼び
ヤツらは赤いランプをピカピカさせてやってきた
ニュージャージーの暑い夜の出来事だった


一方、遠く離れたパターソンという街で
ルービン・カーターは友達とドライブを楽しんでいた
彼はプロボクシングのミドル級第一位の挑戦者
これからとんでもない罠が待ち構えていることも知らずに

警察が彼の車を道端に寄せた
この前もそうだったし、その前もそうだった
パターソンではいつもこうだ
もしあんたが黒人なら
パターソンで出歩くのはやめたほうがいい
こんないざこざが嫌ならば


アルフレッド・ベロウには仲間がいて
そいつは警察のご厄介になったこともある
ベロウとアーサー・デクスター・ブラッドレーが
獲物を物色していたことは事実だった
ベロウは警察に言った
「中肉中背ぐらいの男が二人で逃げて行った」
「そいつらが飛び乗った白っぽい車はよその州のナンバーだった」
パティはただうなずいていただけだったが
警察が気づいた
「ちょっと待て こいつはまだ生きている」

病院に運ばれた死にかけたバーテンダーは
目もろくに開けられない瀕死の状態であったが
見ればそいつが犯人かすぐわかると言った
そこで警察は早朝4時にルービン・カーター
バーテンダーの病室に連れてきた
そしてバーテンダーはうつろな目を開け
彼を見てこういった
「なんでこいつを連れてきた?」
「こいつは犯人なんかじゃない」

そう、これがハリケーンの物語
権力によって濡れ衣を着せられた男
何も悪いことをしたわけでもないのに
今は独房の中
いずれ世界チャンピオンにもなれたはずの男


4か月後、ルービン・カーターはアメリカ南部で闘い
名をあげ、ゲットーは狂喜した
一方ブラッドレーは相変わらずの泥棒稼業
警察はブラッドレーに圧力をかけ
この事件をだれかを犯人に仕立てようと目論んでいた
警察はブラッドレーに言った
「バーの殺人事件は覚えているよな」
「逃走した車を見たと言っていたな」
「これは法で裁かれるべきだと思うだろう?」
「よく考えてみな。あの夜逃げたやつはあの黒人ボクサーだろ?」
「お前は白人なんだぜ」
ブラッドレーはつぶやいた
「正直なんとも言えない」
警察は畳みかけた
「これはお前には最後のチャンスなんだぞ」 
「モーテルの仕事も見つけてやったし、既にベロウとも話をつけている」
「また刑務所に戻りたくないんだったら素直に俺の言うことを聞け」
「たまには世の中のためになれ」

あのクソ野郎は調子に乗りやがってる
奴の尻を蹴飛ばし 三人の殺人を認めさせたい
あの黒人野郎を世界チャンピオンになんかさせてたまるか


ルービン・カーターは一発で誰でもノックアウトできる自信はあったが
それを自慢することは決してなかった
それが仕事だし 生活のためにやっているだけ
それが終われば気ままに過ごしたい

ニジマスが川で泳いでいるような
空気が綺麗なところで
馬に乗るのが夢なんだ

ところが彼は人間をドブネズミに変えてしまう
刑務所にぶち込まれてしまった


ルービンの持ち札はすべて掌握され
裁判はまさに茶番劇で
弁明は一切許されなかった
判事は白人の傍聴人に
ルービンの証人はスラム街の飲んだくれで
革命者気取りの浮浪者であると説明をし
黒人の傍聴人には
ルービンはただの狂ったやつ
彼が引き金を引いたことは誰も疑わない
と説明をした

結局証拠の銃は見つからなかったが
やったのは彼以外にいないと検事は言い
全員白人の陪審員は すべて賛成にまわった


ルービン・カーターの裁判はまさに不当裁判だった
罪状は第一級殺人罪
ベロウとブラッドレーの嘘っぱちの証言を
メディアもこぞって報道した

彼の大切な人生が
こんなやつらに委ねられていいのか

明らかにはめられてしまった彼を見ていると
この国に生まれたことを心底恥ずかしく思う
アメリカでは正義はゲームでしかない


背広とネクタイをした
偽善的なすべての犯罪者たちは
夜通しマティーニを飲んでどんちゃん騒ぎ
一方ルービンはブッダのように独房に座り
無実の罪で地獄のような生活

これがハリケーンの物語
この物語は潔白が証明されるまで続いていく
彼に奪われた時間を取り戻してあげたい
今彼は独房の中だが
いずれ世界チャンピオンにもなれたはずの男だったのに
 

2017年3月17日金曜日

ディランを愛でる:The Lonesome Death of Hattie Carroll

今回紹介するのは、ボブ・ディランが22歳の時に書き上げた
まさにプロテストソングの代表的な名曲です。
この曲によりプロテストシンガーとして
祭り上げられてしまいましたが、
本当はロックをやりたかったという事実はあまり知られていません。

ディランはアンプやエレキギターを買うお金がなく、
アコースティックギターひとつで反戦歌を歌い
デビューすることになりました。 

この「The Lonesome Death of Hattie Carroll(ハッティ・キャロルの哀れな死)」という曲は、事実に基づいて書かれたものです。
ウイリアム・ザンジンガーという殺人犯は実在し、ネットで調べると詳しい情報が載っています。
悪人は骨の髄まで悪人だということがよくわかります。


The Lonesome Death of Hattie Carroll

William Zanzinger killed poor Hattie Carroll
With a cane that he twirled around his diamond ring finger
At a Baltimore hotel society gathering
And the cops were called in and his weapon took from him
As they rode him in custody down to the station
And booked William Zanzinger for first-degree murder
But you who philosophize disgrace and criticize all fears
Take the rag away from your face
Now ain't the time for your tears

William Zanzinger, who at twenty-four years
Owns a tobacco farm of six hundred acres
With rich wealthy parents who provide and protect him
And high office relations in the politics of Maryland
Reacted to his deed with a shrug of his shoulders
And swear words and sneering, and his tongue it was snarling
In a matter of minutes, on bail was out walking
But you who philosophize disgrace and criticize fears
Take the rag away from your face
Now ain't the time for your tears

Hattie Carroll was a maid in the kitchen
She was fifty-one years old and gave birth to ten children
Who carried the dishes and took out the garbage
And never sat once at the head of the table
And didn't even talk to the people at the table
Who just cleaned up all the food from the table
And emptied the ashtrays on a whole other level
Got killed by a blow, lay slain by a cane
That sailed through the air and came down through the room
Doomed and determined to destroy all the gentle
And she never done nothing to William Zanzinger
And you who philosophize disgrace and criticize all fears
Take the rag away from your face
Now ain't the time for your tears

In the courtroom of honor, the judge pounded his gavel
To show that all's equal and that the courts are on the level
And that the strings in the books ain't pulled and persuaded
And that even the nobles get properly handled
Once that the cops have chased after and caught 'em
And that the ladder of law has no top and no bottom
Stared at the person who killed for no reason
Who just happened to be feelin' that way without warnin'
And he spoke through his cloak, most deep and distinguished
And handed out strongly, for penalty and repentance
William Zanzinger with a six-month sentence
Oh, but you who philosophize disgrace and criticize all fears
Bury the rag deep in your face
For now's the time for your tears


ハッティキャロルの哀れな死

ウイリアム・ザンジンガーは哀れなハッティ・キャロルを殺した
きらびやかなダイヤの指輪をはめた手で
ステッキを振り下ろし惨殺した
ボルティモアホテルの社交パーティーでの出来事だった
警察が来て凶器のステッキを取り上げ
拘束され署へ連行された
そしてウイリアム・ザンジンガーは殺人罪で起訴された

でも民衆の不公平感や不安について考え議論する人たちよ
ハンカチで顔を覆い涙を流すのはまだ早い


24歳のウイリアム・ザンジンガーは
600エーカーのタバコ農場を所有していた
資産家の両親からは溺愛され
メリーランド州の政界とも特別な関係を構築していた
彼は自分の行為にただ肩をすくめるだけで
警察を怒鳴りつけ 罵り 罵倒し
結局保釈金を積み ものの数分で釈放された

でも民衆の不公平感や不安について考え議論する人たちよ
ハンカチで顔を覆い涙を流すのはまだ早い


黒人のハッティ・キャロルは調理場の雑用係
51歳の彼女は10人の子供を育てていた
テーブルの椅子に座ったこともなく
ただ黙々と残飯を片付け テーブルを綺麗にし
灰皿を何度も取替え 気配りも忘れなかったというのに
ウイリアムに振り下ろされたステッキで叩きのめされ
一撃のもとに撲殺された
何一つ悪いことをしていたわけでもないのに

でも民衆の不公平感や不安について考え議論する人たちよ
ハンカチで顔を覆い涙を流すのはまだ早い


判事は法廷で裁判はすべて公平で平等であり
判決が何かに糸引かれたり 誰かの口利きによって変わることはなく
ひとたび警察に囚われた身分である以上は
どんなに身分が高いものでもしかるべく扱われるべきであり
法の下に上下の区別はないと説明をしながら
仰々しく小槌を叩き
何の罪もなく無防備な人間に
衝動的に殺戮したものを睨みつけ
黒いマントの奥から厳かにそして明確に
はっきりとした口調でこう宣告したのであった
「ウイリアム・ザンジンガーを6ヶ月の刑に処する」

民衆の不公平感や不安について考え議論する人たちよ
今こそハンカチに顔を深々と埋め泣き崩れる時なのだ

2017年3月13日月曜日

ディランを愛でる:Tangled Up In Blue

前回の「彼女に会ったらよろしく」に続き、今回もボブ・ディランの「ブルーにこんがらがって」という曲を自分なりに訳してみました。この曲は私が高校時代に、吉田拓郎がDJをしていたオールナイトニッポンで流れた曲で、衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。「ブルーにこんがらがって」の英文はTangle Up In Blueといい、直訳をすれば「憂鬱の中の錯綜」という言葉になりますが、やはり「ブルーにこんがらがって」という訳し方が個人的にはすごく好きです。
なぜボブ・ディランはノーベル文学賞が取れたのか。
その才能の片鱗を少しでも読み取ることができれば嬉しいです。

Tangled Up In Blue

Early one morning the sun was shining
I was laying in bed
Wond'ring if she'd changed it all
If her hair was still red
Her folks they said our lives together
Sure was gonna be rough
They never did like Mama's homemade dress
Papa's bankbook wasn't big enough
And I was standing on the side of the road
Rain falling on my shoes
Heading out for the East Coast
Lord knows I've paid some dues getting through
Tangled up in blue.

She was married when we first meet
Soon to be divorced
I helped her out of a jam I guess
But I used a little too much force
We drove that car as far as we could
Abandoned it out West
Split it up on a dark sad night
Both agreeing it was best
She turned around to look at me
As I was walking away
I heard her say over my shoulder
"We'll meet again someday on the avenue"
Tangled up in blue.

I had a job in the great north woods
Working as a cook for a spell
But I never did like it all that much
And one day the ax just fell
So I drifted down to New Orleans
Where I happened to be employed
Working for a while on a fishing boat
Right outside of Delacroix
But all the while I was alone
The past was close behind
I seen a lot of women
But she never escaped my mind my love just grew
Tangled up in blue.

She was working in a topless place
And I stopped in for a beer
I just kept looking at her side of her face
In the spotlight so clear
And later on as the crowd thinned out
I's just about to do the same
She was standing there in back of my chair
Saying "Jimmy, Don't I know your name ?"
I muttered something underneath my breath
She studied the lines on my face
I must admit I felt a little uneasy
When she bent down to tie the laces of my shoe
Tangled up in blue.

She lit a burner on the stove and offered me a pipe
"I thought you'd never say hello" she said
"You look like the silent type"
Then she opened up a book of poems
And handed it to me
Written by an Italian poet
From the thirteenth century
And every one of them words rang true
And glowed like burning coal
Pouring off of every page
Like it was written in my soul from me to you
Tangled up in blue

I lived with them on Montague Street
In a basement down the stairs
There was music in the cafes at night
And revolution in the air
Then he started into dealing with slaves
And something inside of him died
She had to sell everything she owned
And froze up inside
And when finally the bottom fell out
I became withdrawn
The only thing I knew how to do
Was to keep on keeping on like a bird that flew
Tangled up in blue.

So now I'm going back again
I got to get her somehow
All the people we used to know
They're an illusion to me now
Some are mathematicians
Some are carpenter's wives
Don't know how it all got started
I don't what they're doing with their lives
But me I'm still on the road
Heading for another joint
We always did feel the same
We just saw it from a different point of view
Tangled up in Blue.



朝日が差し込むベッドの中で
彼女はイメチェンに成功したのだろうか
それともまだ冴えない赤毛のままなのか
惰眠をむさぼりながらうつらうつら考えていた
彼女の親戚連中には
俺たちが一緒に暮らしても
すぐに別れることになると言われ
母さんが彼女に作ってあげた手作りドレスも
みんなブーイングだったし
父さんにはお金がなさそうだと嫌味を言われた
そこで俺はいたたまれなくなり
路上に立ち、どしゃぶりの中
靴もびしょ濡れ状態で
とりあえずイーストコーストに向かうことに決めた
どこかにたどり着くまでにかかるお金は
「神のみぞ知る」

ブルーにこんがらがって


初めて彼女に会った時には
既に結婚はしていたけれど
すぐに離婚することになった
俺は彼女の諸々のしがらみからの脱出のために
力を貸してあげたけど
少し手荒なやり方だったのかもしれない
とりあえず俺たちはどこまでも車を走らせ
ウエストコーストの果てで乗り捨てた
そこで二人でいろいろ話し合い
結局別れることになってしまった
暗く寂しい夜だった
俺がその場を立ち去ろうとしたとき
彼女が振り向きざまに
肩越しからこんな言葉を投げかけてきた
「いつかまた路上で再会しましょう」

ブルーにこんがらがって



グレートノースウッズで仕事を見つけ
しばらくコックとして働いたが
嫌々仕事をしていたせいか
ある日突然クビになった
仕方がないので放浪しながら南下し
結局ニューオーリンズに流れ着いた
偶然そこで職にありつき
ドラクロワ沖で船乗りとしてしばらく働いた
なぜかいつも孤独で
昔のことばかり考えていた
いろんな女性とは巡り会えたけど
彼女の面影が一時も消えることはなかった
そして俺はますます

ブルーにこんがらがっていった


彼女は俺がビールでも引っ掻けようと
たまたま立ち寄ったトップレスの店で働いていた
俺はスポットライトに照らされた綺麗な彼女の横顔を
ずっと見続けていた
客もまばらになり
そろそろ店を出ようと席を出ようとしたら
椅子の後ろに彼女が立っていてこう言った
「以前どこかでお会いしなかった?」
俺は小声で何かぼそぼそ呟き
彼女が俺の靴紐を結ぶために
かがみこむところを見ていたら
正直胸がどきどきしてしまった

ブルーにこんがらがって

彼女は自宅のストーブに火を入れ
俺にパイプを差し出しこう言った
「挨拶もしない人かと思ったわ」
「無口なタイプね」
とも言われた
それからある詩集を開き
そのまま手渡された
13世紀頃のイタリアの詩人が書いた詩集だった
すべての言葉が心に響き
ストーブの中の石炭のように燃え光り輝いていた
それがすべてのページからあふれ出ているようだった
まるで俺が彼女のために心を込めて書いた詞のようだった

ブルーにこんがらがって

俺はモンタギュー通りにある
階段下の地下室で
みんなと暮らすことになった
そこでは夜にはカフェの音楽が聴こえるところ
時代の革命的な変化を肌で感じた
あるときあいつがろくでもない取引をしてしまい
結局自己破産
彼女も持ち物をすべて売り払わらなければならなくなり
心まで凍り付いてしまった
とりかえしのつかなくなりそうなタイミングで
俺はそこを引き上げた
俺の唯一の信念は
鳥が空を飛ぶように自由気ままに生きること

ブルーにこんがらがって

だから今 俺は帰ろうとしている
彼女と巡り会うために
俺たちが以前巡り会った人たちは
今考えるとイリュージョンのようだ
ある人は数学者である人は大工の妻だった
どうして巡り合えたのかはよく思い出せないし
その後どういう人生を送ったのか知る由もない
いずれにせよ 俺はいまだに路上に立っている
新しい出会いのために
きっと俺たちはいつも同じ気持ちだったんだ
ただ違う視点から物事を考えていただけなんだ

ブルーにこんがらがって



おそらく多くのロックミュージシャンが影響されたジャック・ケルアックの『路上』にディランもインスパイアされ、「路上」という単語をちりばめているのかもしれませんが、この詩のキーポイントは最後の3行にあると思います。
恋人同士はお互い愛し合ってはいるけれども、男と女の考え方の違い(視点の違い)で思い違いが発生し、ブルーなことに発展してしまうことなんだと思います。歌詞の中の彼女とは一人なのか、それとも複数なのか。考えさせられますし、詞の順番を変えて読んでも面白いし、個人的にはとてもインスピレーションを掻き立てられる曲です。

2016年11月8日火曜日

石材メンテナンス専用ブログを開設しました。

いつもブログをお読みいただきましてありがとうございます。 

2006年から始めたストーンマスターブログも10年目になりました。

おかげさまで石材メンテナンスに携わる方も増え、自身のセミナーも好評をいただき、日々製品開発に励むことができ大変感謝しております。

今まで何度かブログの移転はありましたが、今回ストーンマスター専用ブログを開設いたしました。


まだ始めて日が経っておりませんので動作が不安定な部分もあるかと思いますが、今までの記事もこちらにすべてまとめて見られるようにしていく予定です。 お時間のある際に是非覗いてみてください。

このGoogleのブログはプライベートな日記ブログとして続けていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2016年10月18日火曜日

ディランを愛でる:If You See Her, Say Hello

こんにちは。
皆さんもご承知の通り、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞しました。
良し悪しは別として、個人的に最も影響を受けたアーティストなので感慨深いです。

最近はなぜかジャズばかり聴いていて、ディランのことなど忘却の彼方でしたが、ノーベル賞受賞をきっかけにディラン熱が再燃し、是非皆さんにもボブ・ディランの詞のすばらしさを味わってほしいと思い、「彼女に会ったらよろしく」というわかりやすいラブソングをご紹介したいと思います。

ところがいざネットでこの詩の対訳を読んでみて気づいたのですが、正直ろくな訳詞がありません(笑)そこでわかりにくい言い回しやスラングはアメリカに滞在経験のある長女にヒントを与えてもらい、自分で訳してみました。

この曲は1976年に発売されたボブディランのBlood on the Tracksの中の一曲です。このアルバムは私がディランフリークに陥った記念すべきアルバムで、ファーストトラックの「ブルーにこんがらがって」のイントロをラジオで初めて聴いた衝撃は一生忘れることはないでしょう。当時私はアメリカではイーグルス、カーペンターズ、ドゥービー・ブラザーズなどを聞きかじり、ヨーロッパではレッドツェッペリン、キングクリムゾン、タンジェリンドリームなどを嗜み、日本ではユーミン、井上陽水、吉田拓郎、はっぴーえんど、CREATIONなどポピュラーなものからマニアックなものまでまさに雑食系だったのですが、Blood on the Tracksを耳にしてからというもの一気にディランの魅力に引き込まれてしまい、しばらくはディラン一辺倒でした。(ただ不思議なことに初期のディランは当時まったく受け付けませんでした)つまりBlood on the Tracksこそが私とディランを引き付けた最初のアルバムなのです。



If You See Her, Say Hello

If you see her, say hello, she might be in Tangier
She left here last early Spring, is livin' there, I hear
Say for me that I’m all right though things get kind of slow
She might think that I’ve forgotten her, don’t tell her it isn’t so

We had a falling-out, like lovers often will
And to think of how she left that night, it still brings me a chill
And though our separation, it pierced me to the heart
She still lives inside of me, we've never been apart

If you get close to her, kiss her once for me
I always have respected her for busting out and gettin' free
Oh, whatever makes her happy, I won't stand in the way
Though the bitter taste still lingers on from the night I tried to make her stay

I see a lot of people as I make the rounds
And I hear her name here and there as I go from town to town
And I’ve never gotten used to it, I’ve just learned to turn it off
Either I'm too sensitive or else I'm gettin' soft

Sundown, yellow moon, I replay the past
I know every scene by heart, they all went by so fast
If she’s passin’ back this way, I'm not that hard to find
Tell her she can look me up if she's got the time 



彼女に会ったらよろしく。
タンジールに住んでいるらしい。
去年の春先にここを出てから
そこで暮らしているのを耳にした。
オレは未だに凹んでいるけど
「元気でやってる」と伝えて欲しい。
私の事は忘れてると
彼女は思っているかもしれないけど、
「そんなことはない」
なんて言わないで欲しい。

些細な事でケンカをした。
恋人同士でよくあること。
あの夜、彼女が出て行ってしまった出来事を思い返すと
未だに身も凍る思い。
彼女との別れは
心底後悔している。
未だに俺の心の中では
彼女と何時も一緒で
絶対別れることもない。

もし彼女と親しくなったら
俺に変わって一度だけ彼女に
キスして欲しい。
自由になるため、
自分の殻を破る努力を続けていた彼女を
何時もリスペクトしていた。
彼女が幸せになるのなら
俺は絶対邪魔はしない。
ただあの日の夜、
彼女を無理に引き止めようとした、苦い思い出は
今でも俺の心を苦しめる。


街に出ると
いろんな人と出会い、
街から街を彷徨うと
至る所で、彼女の名前を耳にする。
その度ごとに胸が締め付けられるけど
未だにその気持ちを紛らすすべがわからない。

変に気を遣ってみたり
妙に優しくなったり。

陽が沈み、黄色い月を
眺めていると
昔の思い出が蘇る。
心の中の君とのシーンは
全て覚えている。
あっという間の出来事だった。
もしも彼女がこちらに
立ち寄ることがあるのなら
俺を探すのは難しくないから
時間が取れるなら
俺を見つけて欲しいと
彼女に伝えてくれないか…


 

2016年5月30日月曜日

伊藤若冲展に行ってきました。

先日大変な混雑だったため若冲展を断念した経緯は、西洋美術館についてのブログでお伝えしました。


しかしやはり「若冲の絵をこの目で見たい」という気持ちは抑えられず、翌々日の夕方に行ってきました。結局3時間待ちでした…。


人の頭を見に来たのか、若冲の絵を見に来たのかわからないくらいの混雑ぶりでしたが、十分堪能はできました。仏教に帰依していた若冲らしく、生きとし生けるものへの洞察と、慈悲の心が伝わってきました。



とにかくディテールへのこだわりは鬼気迫るものがあります。
若冲は大変裕福な家庭に育ち、あくせく働かなくても生活はできたらしく、ただただ絵を描くことだけに没頭した人生だったようです。
だからこそこれだけ緻密に手の込んだ絵をいくつも描き続けられたんだろうなという思いが去来してきました。若冲の絵を一言で表現するなら「静なる小宇宙」といったところでしょうか。


千年後に自分の絵は評価されると言い放った若冲。
きっと上野の若冲展の行列を天国から眺めながら、ほくそ笑んでいたことでしょう。

2016年5月23日月曜日

西洋美術館に行ってきました。

先日、世界遺産に登録された西洋美術館の見学に行きました。 
やはりコルビュジエは素晴らしいです。
本当は伊藤若冲展を見に行ったのですが、あまりの長蛇の列に嫌気がさし、こちらに来ることになりました。

 
コルビュジエは代表的な近代建築である鉄筋コンクリートの美と可能性を追求した天才的なデザイナー兼建築家です。


コルビュジエといえば、実はこれが最も代表的です。

 
座り心地も抜群で、デザインも古臭くありません。
リプロダクト品ではなく、本物のソファがいつか欲しいです。

ガウディも良いですが、コルビュジエも良いですね。


ロダンの考える人の像もありました。
ロダンといえば考える人、というほど有名ですが、自身作の「地獄の門」の一部をモチーフにしたものなのです。


地獄の門

上部に考える人がいます